読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史

“戦争とは、このように無差別殺人に発展することも多い。  そしてその戦争の始まりとは、つまりは政治の失敗なのだ。” “私は「南京事件」という舞台で衝突していたのは「肯定派」と「否定派」だと思っていた。 しかしその真の対立構図は「利害」と「真実」だったらしい。” 『 「南京事件」を調査せよ』 清水潔 文藝春秋

「南京事件」を調査せよ作者: 清水潔出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/08/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る南京事件、南京大虐殺ほど、否定、肯定さまざまな論説が姦(かしま)しい事項はないだろう。うっかり誤った導入をうける…

“大正という時代は明治の生真面目さが熔解しはじめた時期である” 『伊藤野枝と代準介』 矢野寛治 弦書房

伊藤野枝と代準介作者: 矢野寛治出版社/メーカー: 弦書房発売日: 2012/10/19メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 3回この商品を含むブログを見る 時代の空気をつかむのは難しい.大正という激動の転換期.その時代をよむことができる.大杉栄ととも…

“若沖は絵を売って生活をする画家ではなかった。しかし、注文がひきもきらずになったとき「斗米庵」と称して、一斗の米代で売るという行為の背景に、売茶翁のすがたをうかうことは、もはや当燃のことというべきだろう” 『若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫) 』 狩野博幸 角川書店

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)作者: 狩野博幸出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/05/25メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 35回この商品を含むブログ (11件) を見る若冲ブーム仕掛け人といわ…

“「坂の上の雲」をのみ見つめて坂をのぼった人々が坂の上でみたものは何か。そこにはもはや輝く白い雲はなく、ただ人々は雨の中、坂をくだっていくことになる” 『坂の上の雲はどうなったのか』 和田春樹 図書 2012年 04月号 岩波書店

図書 2012年 04月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/03/29メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る故司馬遼太郎は,優れた作家であり,多くの読者を持っているが,その内容については,心酔する人がいる一方で,その歴史観に対して批…

“思っている限り、人は生き続ける。 忘れること、忘れられることを恐れながら、それでも生きていこう” 『コンニャク屋漂流記』 星野博美 文藝春秋

コンニャク屋漂流記作者: 星野博美出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/07/20メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (15件) を見る 何となしに元気が出る本.無理してがんばろう,ということではなく,今でも愉快なことはたくさん…

“性の世界は、同じ心理的な磁場にいる人々にとっては「生きる喜びの表れ」だが、その磁場から一歩離れたところに立つ者からは、下品で、レベルの低い人間の所行とされがちなのである” 『盆踊り 乱交の民俗学』 下川耿史 作品社

盆踊り 乱交の民俗学作者: 下川耿史出版社/メーカー: 作品社発売日: 2011/08/19メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 36回この商品を含むブログ (4件) を見る本屋さんで,帯を見てびびってはいけない. 帯表より 〈盆踊り〉とは、 生娘も人妻も乱舞する “乱…

“網野さんが豊かな想像力と批判精神をとおして創造しようとした歴史学は、墓石も記念碑も土の下に埋葬されてきた人間たちのために、記憶の大地にみずみずしい花を咲かせようとすることだった” 『僕の叔父さん 網野善彦  (集英社新書) 』 中沢新一 集英社

僕の叔父さん 網野善彦 (集英社新書)作者: 中沢新一出版社/メーカー: 集英社発売日: 2004/11メディア: 新書購入: 5人 クリック: 42回この商品を含むブログ (131件) を見る網野善彦は中沢新一の叔父さんだった.網野善彦の死後,若き日の交流を思い出とともに…

『激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)』 足立倫行 朝日新聞出版

激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)作者: 足立倫行出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2010/10/13メディア: 新書購入: 1人 クリック: 11回この商品を含むブログ (11件) を見る学問の進歩はしばしばゆっくりである.基礎科学とか,この古…

『評伝 若泉敬  −愛国の密使 (文春新書) 』  森田吉彦 文藝春秋

評伝 若泉敬 (文春新書)作者: 森田吉彦出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/01/19メディア: 新書購入: 1人 クリック: 64回この商品を含むブログ (15件) を見る若泉敬という一人の人間をきっかけに,沖縄もの,密約ものにはまってしまった感がある.月刊誌…

“大逆事件を機に顕わになった,あらゆる「理想」と「虚構」の「不可能性」を歴史的に隠蔽する『坂の上の雲』のような作品に,国民が熱狂していることが,おぞましく感じられたからである” 『文学者たちの大逆事件と韓国併合』  高澤秀次 (平凡社新書)

文学者たちの大逆事件と韓国併合 (平凡社新書)作者: 高澤秀次出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2010/11/16メディア: 新書購入: 3人 クリック: 24回この商品を含むブログ (10件) を見る 高々100年前のこと,それも日本のことなのに,自分が何も知らないでいた…

『古代史捏造』 毎日新聞旧石器遺跡取材班 (新潮文庫)

古代史捏造 (新潮文庫)作者: 毎日新聞旧石器遺跡取材班出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/09メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (10件) を見る『発掘捏造』(新潮文庫)の続編.「ジャーナリズム史に残る完璧なスクープ」と立花隆が評した…