読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“スーツに身を固めた連中は、理解しようとも認めようともしないが...............。  俗に言う“メキシコの麻薬問題”は、メキシコの問題ではなくアメリカの問題なのだ。  買い手なくして売り手なし。” 『ザ・カルテル (上)』 (角川文庫) ドン・ウィンズロウ 峯村利哉訳 角川書店

ザ・カルテル (上) (角川文庫)作者: ドン・ウィンズロウ,峯村利哉出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/04/23メディア: 文庫この商品を含むブログ (19件) を見る『犬の力』を読み終えたところで、最新刊の続編を一気に読む。(読んだのは半年くら…

“早期平和実現プログラム、またの名をフェニックス作戦。へたな冗談だ。多くの人間が早ばやと平和な永い眠りへと導かれた” 『犬の力 上』  (角川文庫)  ドン・ウィンズロウ 東江一紀訳 角川書店

犬の力 上 (角川文庫)作者: ドン・ウィンズロウ,東江一紀出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/08/25メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 175回この商品を含むブログ (177件) を見る同じ著者の『ザ・カルテル』の書評で、前作…

“土居の第一世代の弟子となった石川は、土居が亡くなる二〇〇九年まで四五年間、「土居ゼミ」に通い、最期まで師事した” 『永山則夫 封印された鑑定記録』 堀川惠子 岩波書店

永山則夫 封印された鑑定記録作者: 堀川惠子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2013/02/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る2013.12.30追記 12/30深夜,NHKEテレでETV特集,『「永山則夫 100時間の告白」〜封印された精神鑑定の真実〜…

“世の中は驚くほど複雑だ。そして、世の中を構成している人間はさらに複雑である。身近な他者ところか、自分自身の心だって簡単には把握できない。” 『 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』 中島岳志 朝日新聞出版

秋葉原事件―加藤智大の軌跡作者: 中島岳志出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2011/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 74回この商品を含むブログ (23件) を見る2008年6月8に起きた,秋葉原無差別殺傷事件(7人死亡、10人負傷)を扱った本. 『中村屋…

“私たちはまず、判断の材料となる「事実」を知ることから始めなくてはならない” 『絞首刑は残虐か(下)』 堀川惠子 世界 2012年 02月号 岩波書店

世界 2012年 02月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/01/07メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 52回この商品を含むブログ (5件) を見る1999年に発生した,いわゆる「光市母子殺害事件」は,2012年2月20日上告棄却により,犯人の死刑が確定した…

“それは、ある意味で“画期的な”法廷だった。二〇一一年の秋,大阪地方裁判所の裁判員裁判で行われた、「絞首刑」についての審理。” 『絞首刑は残虐か(上)』 堀川惠子 世界 2012年 01月号 岩波書店

世界 2012年 01月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/12/08メディア: 雑誌 クリック: 5回この商品を含むブログ (3件) を見る堀川惠子がプロヂュースしたNHKのドキュメンタリー番組,ETV特集「死刑裁判の現場〜ある検事と死刑囚の44年」のあるシ…

“私は一九六〇年代の後半から山口組や暴力団を見続けて来ましたが、そろそろ終わりだろうと思っています。暴力団は構造不況業種で、もう行くところまで行き着いてしまったと見ているからです。” 『暴力団  (新潮新書) 』 溝口敦 新潮社

暴力団 (新潮新書)作者: 溝口敦出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/09/16メディア: 新書購入: 6人 クリック: 111回この商品を含むブログ (49件) を見る暴力団の取材を一線で重ねてきた著者が,暴力団ものの集大成,という著書.暴力団排除に向けた法整備,…

“たった一人でもいい、真剣に、本気で、自分を愛してくれる人がいれば、その人は救われる。それが父や母であればよいけれど、それが叶わないこともあるだろう。” 『死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの』 堀川惠子 日本評論社

死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの作者: 堀川惠子出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2009/11/24メディア: 単行本 クリック: 26回この商品を含むブログ (18件) を見る【読んだきっかけ】から先に述べておこう.2011年2月19日午後に,NHKのETV特集・選 『…

“最初の球状パールは一九〇七年に二人の日本人科学者によって作られたとされているが、最近の研究では、その技術も、おそらくは真珠そのものも、彼らより先にウィリアム・サヴィル=ケントが開発したものだろうと考えられている。” 『最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件』 ケイト・サマースケイル, Kate Summerscale, 日暮雅通訳 早川書房

最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件作者: ケイト・サマースケイル,Kate Summerscale,日暮雅通出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2011/05/20メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 23回この商品を含むブログ (35件) を見る(2011-9-2…

“探偵というものが生み出されたのは、ごく最近のことでだった” “ヴィクトリア朝時代の探偵は、俗世における予言者や聖職者の代役であった” 『最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件』 ケイト・サマースケイル, Kate Summerscale, 日暮雅通訳 早川書房

最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件作者: ケイト・サマースケイル,Kate Summerscale,日暮雅通出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2011/05/20メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 23回この商品を含むブログ (35件) を見る大収穫の一…

“ヤクザは利口でできない,馬鹿でも出来ない,中途半端でなお出来ない” 『潜入ルポ ヤクザの修羅場  (文春新書)』 鈴木智彦 文藝春秋

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)作者: 鈴木智彦出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/02/17メディア: 新書購入: 3人 クリック: 105回この商品を含むブログ (21件) を見る時々週刊誌の記事にあるような,この世界の現状を紹介,解説したような本ではな…