読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“ロッキード事件に関与しながらそれを秘密とするのに成功した中川ら政治家たちの、その後の苦しみを思うとき、私は暗然とする。ダグラス・グラマン事件についても同じような苦悩を抱えた政治家がいただろう。彼らが米政府によってその弱みを握られていると自覚しなかったはずはない” 『秘密解除 ロッキード事件――田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』 奥山俊宏 岩波書店

秘密解除 ロッキード事件――田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか作者: 奥山俊宏出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/07/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 3冊ほどよんだ、田中角栄関連書籍の2冊目。著者は、朝日新聞記者を経て、…

“CIA長官でもあったブッシュ(父)大統領は「成功は人に告げられることなし」のモラルをもっていた人物である” 『 日本の「情報と外交」 (PHP新書)』 孫崎享 PHP研究所

日本の「情報と外交」 (PHP新書)作者: 孫崎享出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/12/16メディア: 新書購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (6件) を見る週刊誌で,本書の著者,孫崎亨氏のことを知る.TVなどでも盛んに発言するほか,ツイッタ…

“日本の国民にはわからないけれど、北朝鮮、韓国、中園、ロシアとは本当に仲良くしておかなければ、将来日本の国は危ない” 『聞き書 野中広務回顧録』 御厨貴, 牧原出 岩波書店

聞き書 野中広務回顧録作者: 御厨貴,牧原出出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/06/29メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を見る抜群に面白い.一人の政治家の思いが,時代の流れに沿って,回想という形で語られる.聞き手,とい…

“沖縄返還によって、日本全体の基地が、東アジアにおける安全保障上のおおきな役割を、アメリカから担わされたのである” 『沖縄返還の代償 核と基地 密使・若泉敬の苦悩』 「NHKスペシャル」取材班 光文社

沖縄返還の代償 核と基地 密使・若泉敬の苦悩作者: 「NHKスペシャル」取材班出版社/メーカー: 光文社発売日: 2012/05/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (8件) を見るNHKスペシャル,「密使 若泉敬 沖縄返還の代償」(2010年6月19日放…

“グ口ーバリズムとナショナリズムに基づく主権国家間の権力政治の間の矛盾が、破局的な事態をもたらす危険性を超克するための「新しい世界秩序の創造」こそが、現代の「苦悩にみちた喫緊の人類史命題」である、と若泉は強調する”  『「沖縄核密約」を背負って:若泉敬の生涯』 後藤乾一 岩波書店

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯作者: 後藤乾一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/01/23メディア: 単行本 クリック: 38回この商品を含むブログ (18件) を見る引きつづいて,四,五章よりの引用 第一章 越前の片田舎から世界へ(一九三0― 一九六…

“漢籍的教養の上に西欧的教養を積んだものたちが「明治一五年以前生まれ」なら、白紙の上に西欧的教養を積んだのが「明治一五年以後生まれの青年たち」であろう。武士的道徳が消滅したのち、大衆的流行文化と経済万能主義の大波を浴びつつ人となった世代、ということでもあろう” 『 「一九〇五年」の彼ら ― 「現代」の発端を生きた十二人の文学者 (NHK出版新書 378) 』 関川夏央 NHK出版

「一九〇五年」の彼ら―「現代」の発端を生きた十二人の文学者 (NHK出版新書 378)作者: 関川夏央出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/05/08メディア: 新書 クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る1905年(明治38年)に壮年期を迎えていた彼ら,日…

“「『細部まで徹底的に考証してほしい』と言われました。これは『危険な書』だとも」” 『若泉敬 知られざる「密使」の苦悩 (上・下)』 諸永裕司 週刊朝日 2010年03月21日号,26日号

週刊朝日諸永裕司氏による2週に渡る連載記事.週刊ノンフィクション劇場,と題されている.上・下の副題は,それぞれ「「密約」公表の2年後に自決」,「自決前、親友から届いた「弔辞」」である. 後藤乾一氏による『「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生…

“「坂の上の雲」をのみ見つめて坂をのぼった人々が坂の上でみたものは何か。そこにはもはや輝く白い雲はなく、ただ人々は雨の中、坂をくだっていくことになる” 『坂の上の雲はどうなったのか』 和田春樹 図書 2012年 04月号 岩波書店

図書 2012年 04月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/03/29メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る故司馬遼太郎は,優れた作家であり,多くの読者を持っているが,その内容については,心酔する人がいる一方で,その歴史観に対して批…

“夏目漱石はなぜああいうふうに、今あらわれている現代日本ととけこむような作品を書けたのか。今、目前にある日本に必要な批判を作品の中に刻みこむことができたのか” 『日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声』 鶴見俊輔, 関川夏央 筑摩書房

日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声作者: 鶴見俊輔,関川夏央出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2011/08/08メディア: 単行本 クリック: 12回この商品を含むブログ (12件) を見る鶴見俊輔との対談を納めたもの.聞き手は,関川夏央.鶴見俊輔…

“本書はまさしく「追想を横糸に、忘却を縦糸としてなされる、自発的想起」による20世紀の物語である” 『野蛮と悲劇の時代 知識人たちの航海』 (『失われた二〇世紀 (上・下)』 トニー・ジャット著 に対する書評) 姜尚中 朝日新聞 2012年2月13日朝刊 

失われた二〇世紀〈上〉作者: トニー・ジャット,河野真太郎,生駒久美,伊澤高志,近藤康裕,高橋愛出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2011/12/21メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 126回この商品を含むブログ (10件) を見る失われた二〇世紀〈下〉作…

“創造は抵抗であり、 抵抗は創造である” 『怒れ!憤れ!』 ステファン・エセル 村井章子訳 日経BP社

怒れ! 憤れ!作者: ステファン・エセル,村井 章子出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2011/12/08メディア: ペーパーバック クリック: 13回この商品を含むブログを見るついに日本語版がでた世界で話題の書(樋口陽一『世界増刊 破局の後を生きる』 2012年 01月…

“あのときの中曽根元首相のスピーチはほんとうに素敵だった” 『30年の物語  (講談社文庫) 』 岸恵子 講談社

30年の物語 (講談社文庫)作者: 岸恵子,町田康出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/07/15メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 99回この商品を含むブログ (12件) を見る 岸惠子の文章を読むたびに深い感動を得る.この人は女優であるが,すばらしい名文家であ…

”「戦利品」であり、今後の世界戦略の重要拠点である基地沖縄を手放す意思など、米側にはまったくなかった” 『「沖縄密約」公開外交文書を読む(上)(下)』 澤地久枝 世界 2011年12月号 2012年 01月号 岩波書店

世界 2011年 12月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/11/08メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (6件) を見る世界 2012年 01月号 [雑誌]出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/12/08メディア: 雑誌 クリック: 5回この…

“居間中心住宅の主張は、伝統的な男女観.人間観の転換を求める主張を暗に含んでいる。そしてそのことは容易に国家のあり方までもつながってしまう。” 『愉快な家  西村伊作の建築 (INAX BOOKLET) 』 黒川創, 藤森照信, 坂倉竹之助, 大竹誠, 田中修司, 住友和子編集室,

愉快な家 西村伊作の建築 (INAX BOOKLET)作者: 黒川創,藤森照信,坂倉竹之助,大竹誠,田中修司,住友和子編集室,村松寿満子,INAXギャラリー企画委員会,普後均出版社/メーカー: INAXo発売日: 2011/03/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 12…

“情熱だけではいけない。世におくった本が少しでも生命を長らえるためには、商品としての性格も冷静に見極めなくてはなりません。” 『読者の皆さまへ』 みすず書房編集部長 守田省吾 みすず 2011年10月号 no.598

みすず 2011年10月号 no.598:p.65『読者の皆さまへ』みすず書房創業者の一人である小尾敏夫氏の訃報を伝える小文. 2011年8月15日没.この日は,丸山真男の亡くなった日付,フランクル『夜と霧』初版の発行日でもあるとのこと. 最初に世におくった本は、一…

“人を信ずれば友を得、人を疑へば敵を作る” 『パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』 黒岩比佐子 講談社

パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い作者: 黒岩比佐子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/10/08メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 155回この商品を含むブログ (69件) を見る 大作,労作である.おそらく著者の頭の中には,大正から昭和に…

“今こそ、私たちの来し方を振り返り、戦後の再スタートの土台に据えた精神を思いおこすべきだろう” 『チンチン電車と女学生』 堀川惠子, 小笠原信之  日本評論社

チンチン電車と女学生作者: 堀川惠子,小笠原信之出版社/メーカー: 日本評論社発売日: 2005/07メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (14件) を見る第二次世界大戦前,広島に,「広島電鉄家政女学校」があった.忘れられかけていた幻の女学校を…

“今もなお部厚い悪評の層に覆われた笹川良一像の真の姿を掘り起こしてみたかった” 『悪名の棺―笹川良一伝』 工藤美代子 幻冬舎

悪名の棺―笹川良一伝作者: 工藤美代子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/10メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 72回この商品を含むブログ (29件) を見る毀誉褒貶の激しい人である.マスコミからもタブー視されていたという.だから手に取るのはちょっと…

“会ってみると みな優しかった 話してみると みな常識を持つ者たちだった 優しく 常識的な人間でさえ 狂気に触れる瞬間がある” 『この大地に命与えられし者たちへ』 桃井和馬 清流出版

この大地に命与えられし者たちへ作者: 桃井和馬出版社/メーカー: 清流出版発売日: 2007/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (5件) を見る写真家桃井和馬氏による『この大地に命与えられし者たちへ』と題する写真集.題材は,自…

“銃口の向きを変えるためには、おのれの肉体の消滅を賭けて、思想の変革を果たさなければならない” 『イタリア抵抗運動の遺書―1943・9・8‐1945・4・25  冨山房百科文庫 (36) 』 P・マルヴェッツィ, G・ピレッリ編 河島英昭 他訳 冨山房

イタリア抵抗運動の遺書―1943・9・8‐1945・4・25 冨山房百科文庫 (36)作者: P・マルヴェッツィ,G・ピレッリ,河島英昭出版社/メーカー: 冨山房発売日: 1983/04/27メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (6件) を見る ファシズム政権に対抗するレ…

“私たちは当たり前のように享受しているこの「戦後」を、二度と「戦前」に引き戻してはならない” 『日本の戦争 BC級戦犯 60年目の遺書』 田原総一朗監修 田中日淳編 堀川惠子聞き手 アスコム

日本の戦争 BC級戦犯 60年目の遺書作者: 田中日淳,田原総一朗出版社/メーカー: アスコム発売日: 2007/08/17メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 3回この商品を含むブログ (8件) を見る東京裁判とA級戦犯という言葉は知っていても,BC級戦犯について皆が…

“ブルジョアの排撃,つまり、全体主義の時代風潮とは、そのようなかたちで、大衆の側からの「平等」への願いを含んでいる” 『きれいな風貌―西村伊作伝』 黒川創 新潮社

きれいな風貌―西村伊作伝作者: 黒川創出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/02メディア: 単行本 クリック: 29回この商品を含むブログ (11件) を見る 小説家の手によるものだけあって,端正できれいで優しい文章でつづられた,西村伊作の評伝である.「きれい…

“何千もの幸運な偶然によって、あるいはお望みなら神の奇跡によってと言ってもいいが、とにかく生きて帰ったわたしたちは、みなそのことを知っている。わたしたちはためらわずに言うことができる。いい人は帰ってこなかった、と” 『夜と霧 新版』 ヴィクトール・E・フランクル 池田香代子訳 みすず書房

夜と霧 新版作者: ヴィクトール・E・フランクル,池田香代子出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2002/11/06メディア: 単行本購入: 48人 クリック: 398回この商品を含むブログ (372件) を見るヴィクトール・E・フランクル,『夜と霧』の池田香代子の新訳によ…

“時代の断片を感性で見つけ出してそれを拡大したり深く入り込んだりしながらメッセージを発信していかなくてはなるまい” 『滅びのチター師―「第三の男」とアントン・カラス  (文春文庫) 』 軍司貞則 文藝春秋

滅びのチター師―「第三の男」とアントン・カラス (文春文庫)作者: 軍司貞則出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1995/12メディア: 文庫 クリック: 6回この商品を含むブログ (2件) を見るグレアム・グリーン原作,キャロル・リード脚本,監督による映画,「第三…

“恐るべきは国家の犯罪である。弾劾さるべきは、理想に名を借りて犯罪を目的化した国家のイデオロギーである。” 『カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺』 ヴィクトル・ザスラフスキー 根岸隆夫訳 みすず書房

カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺作者: ヴィクトル・ザスラフスキー,根岸隆夫出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2010/07/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (14件) を見る誰でも親しい人の死にはあれほど悲むのに,毎年…

“歴史の中に頌徳(しょうとく)された人物の光輝は、そこから排除された人物の影の濃密さによってこそ齎(もたら)されている。” 『巨怪伝〈上・下〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀  (文春文庫)』 佐野眞一 文藝春秋

巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)作者: 佐野眞一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2000/05メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 86回この商品を含むブログ (34件) を見る巨怪伝〈下〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)作者:…

「ナチスの手からユダヤ人を救った外交官」という表現は,むしろ過小評価となろう.  『諜報の天才 杉原千畝 (新潮選書)』 白石仁章 新潮社

諜報の天才 杉原千畝 (新潮選書)作者: 白石仁章出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/02メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (15件) を見るここの10年ほどの報道や国際的再評価によって,外交官,杉原千畝(ちうね)の名前は人口に膾炙した…

“人生は,ただ感じるだけの人々にとっては悲劇にほかなりませんが,もしあなたが考えることができれば,それは巨大な喜劇になります” 『ホームズ-ラスキ往復書簡集 (岩波現代選書 67) 』 O.W.ホームズ, H.J.ラスキ, M.D.ハウ編 鵜飼信成訳 岩波書店

ホームズ―ラスキ往復書簡集 (岩波現代選書 67)作者: オリバー・ウェンデル・ホームズ,ハロルド・ジョセフ・ラスキ,M.D.ハウ出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1981/12/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る1981刊の本である.見開きの紹介文…

“チェイニー長官と私は四年近くも一緒に仕事をしていながら,純然たる懇親の時間は一時間たりとももてなかった” 『策謀家チェイニー 副大統領が創った「ブッシュのアメリカ」』  バートン・ゲルマン  (朝日選書)

策謀家チェイニー 副大統領が創った「ブッシュのアメリカ」 (朝日選書)作者: バートン・ゲルマン,加藤祐子出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2010/10/08メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 25回この商品を含むブログ (8件) を見る予想より読み切るのに…

『ふたつの嘘 沖縄密約[1972-2010] 』 諸永裕司 講談社

ふたつの嘘 沖縄密約[1972-2010] (g2book)作者: 諸永裕司出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/12/22メディア: 単行本購入: 19人 クリック: 376回この商品を含むブログ (11件) を見る1972年の沖縄返還に際して,日米両政府間に返還条件に関する密約があった…

『「沖縄核密約」を背負って:若泉敬の生涯』 後藤乾一 岩波書店

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯作者: 後藤乾一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/01/23メディア: 単行本 クリック: 38回この商品を含むブログ (18件) を見る本書の主題は,いわゆる沖縄核密約の舞台裏ではなく,国際政治学者としての若泉敬,そ…