読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“「『細部まで徹底的に考証してほしい』と言われました。これは『危険な書』だとも」” 『若泉敬 知られざる「密使」の苦悩 (上・下)』 諸永裕司 週刊朝日 2010年03月21日号,26日号

週刊朝日諸永裕司氏による2週に渡る連載記事.週刊ノンフィクション劇場,と題されている.上・下の副題は,それぞれ「「密約」公表の2年後に自決」,「自決前、親友から届いた「弔辞」」である.
後藤乾一氏による『「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯』が出版されてしばらくしてから掲載された記事である.また,諸永裕司氏には,『ふたつの嘘 沖縄密約[1972-2010] (g2book)』という好著もある.本稿では,若泉の長男,聡一郎氏への取材を実現している.

 「個人的には、核の再持ち込みこそ密約だと思う」。岡田克也外相は3月9日、1972年の沖縄返還をめぐる「密約」を認め、有識者委員会も「密使」の存在に初めて光を当てた。96年に命を絶った国際政治学者の若泉敬。その長男が初めて口を開き、友人からの書簡も明らかになった。「沖縄に殉じた男」の足跡と心中に迫る。

 こうした交渉の経緯を、若泉は94年、『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』によって明らかにした。628ページに及ぶ大著だった。
 「一つの間違いも許されない」
 出版前、若泉が何度となく口にしていた言葉を、早稲田大大学院教授の後藤乾一(66)は覚えている。じつは、若泉から命じられて秘かに執筆を手伝っていた。今年1月に出版した『「沖縄核密約」を背負って−−若泉敬の生涯』で明かした。
 「『細部まで徹底的に考証してほしい』と言われました。これは『危険な書』だとも」

 しかし、岡田外相の命を受けて調査にあたった有識者委員会は外務省と同じく、密約とは認めなかった。
 「先生が心血を注いで結んだ合意、命をかけて明かした歴史の真実が評価されなかった。あれが密約でなければ何だと言うのでしょう」
 後藤は、『他策−−』刊行から16年後の政府の公式見解に、若泉の無念を思う。
 密約調査の結果発表を見守っていたのは、後藤ばかりではない。
 これまで、メディアの取材を一切、拒んできた若泉の長男、聡一郎(50)が口を開いた。
 「あの密約が日本にとって、沖縄にとってよかったのか、私にはわかりません。結果的に沖縄への負担が増したのだとすれば、息子として胸を張って人前に出ることはできないと思ってきました」

「核の再持ち込み密約」を1994年に著作『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』で公表したものの、世の中からは黙殺された。若泉敬はまもなく、命を絶つ覚悟を親友に明かす。佐藤栄作首相の「密使」として密約を結んだとはいえ、沖縄を裏切ったとの思いが消えなかった。慰霊の旅を終えると、そのときは来た−−。

 長男の聡一郎(50)は、父の死に目には会えなかった。それどころか、『他策−−』を出版する半年ほど前に、絶縁を言い渡されていた。
 93年の大晦日に突然、次のような手紙を受け取った。
 〈猶今後は、ひなを(亡妻)への供花を鯖江へ贈られることを、当方で固く辞退します〉
 これを最後に、若泉は音信を絶った。遺産も残さなかった。その理由は定かではない。聡一郎はいまだに、父の心中を測りあぐねている。

2012年1月15日から10回にわたりTBSで山崎豊子原作の「運命の人」が映像化,放映された.制作側が期待したほどの視聴率は残念ながらでなかったようだが,役者も演出もよく,感動的なドラマであった.辛口の小林信彦氏も週刊文春誌上で評価していた.特に,最終回は涙が止まらなかった.(⇒TBSの「運命の人」のページ)配役は,末尾に.
原作者山崎豊子氏のコメント(TBSのページより)

単行本刊行と同時に、多くの媒体から映像化の申し込みがあったが、どこまで正面から映像化して戴けるか不安で、ご辞退を重ねて来た。そんな中、TBS側が一歩も引かず、お任せする決心をした。
主人公役の新聞記者には、是非、本木雅弘さんをとお願いした。強靭さと悲劇性を併せ演じられる俳優さんだと、お見受けしたからだ。

【関連読書日誌】

  • (URL)『「沖縄核密約」を背負って:若泉敬の生涯』 後藤乾一 岩波書店
  • (URL)『ふたつの嘘 沖縄密約[1972-2010]』 諸永裕司 講談社
  • (URL)「戦利品」であり、今後の世界戦略の重要拠点である基地沖縄を手放す意思など、米側にはまったくなかった” 『「沖縄密約」公開外交文書を読む(上)(下)』 澤地久枝 世界 2011年12月号 2012年 01月号 岩波書店

【読んだきっかけ】
【一緒に手に取る本】

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

ふたつの嘘 沖縄密約[1972-2010] (g2book)

ふたつの嘘 沖縄密約[1972-2010] (g2book)

機密を開示せよ――裁かれる沖縄密約

機密を開示せよ――裁かれる沖縄密約

密約―外務省機密漏洩事件 (岩波現代文庫)

密約―外務省機密漏洩事件 (岩波現代文庫)

運命の人(一) (文春文庫)

運命の人(一) (文春文庫)

運命の人(二) (文春文庫)

運命の人(二) (文春文庫)

運命の人〈3〉 (文春文庫)

運命の人〈3〉 (文春文庫)

運命の人(四) (文春文庫)

運命の人(四) (文春文庫)

運命の人 DVD-BOX

運命の人 DVD-BOX

運命の人  Blu-ray BOX

運命の人 Blu-ray BOX

TBS「運命の人」2012年1月より

原作 … 山崎豊子「運命の人」(文春文庫 刊)
脚本 … 橋本裕志
音楽 … 佐藤直紀
演出 … 土井裕泰、吉田 健
プロデュース … 瀬戸口克陽

        • 配役

弓成亮太 … 本木雅弘
弓成由里子 … 松たか子
三木昭子 … 真木よう子

山部一雄 … 大森南朋
[ 毎朝新聞 ]
司 修一 … 松重 豊
清原 了 … 北村有起哉
金田 満 … 遠藤雄弥
萩野孝和 … 梶原 善
恵比寿史朗 … でんでん
荒木 繁 … 杉本哲太
[ 外務省 ]
安西 傑 … 石橋 凌
吉田孫六 … 升 毅
山本 勇 … 小松和重
林外務次官 … 石丸謙二郎
[ 弓成家・八雲家関連 ]
弓成正助 … 橋爪 功
弓成しづ … 吉村実子
弓成洋一 … 今井悠貴
弓成純二 … 山崎竜太郎
八雲泰造 … 山本 圭
八雲加世 … 高林由紀子
青山芙佐子 … 柴本 幸
鯉沼 玲 … 長谷川博己
[ 三木家 ]
三木琢也 … 原田泰造
[ 週刊誌記者 ]
鳥井裕三 … 斎藤 歩
松中雄也 … 眞島秀和
[ 警察・検察 ]
十時正春 … 伊武雅刀
井口捜査二課班長 … 小市慢太郎
森 靖之 … 浅野和之
[ 弁護士 ]
大野木正 … 柳葉敏郎
坂元 勲 … 吹越 満
[ 政治家 ]
横溝 宏 … 市川亀治郎
愛川輝一 … 大和田伸也
曽根川靖弘 … 本田博太郎
田淵角造 … 不破万作
福出赳雄 … 笹野高史
小平正良 … 柄本 明

佐橋慶作 … 北大路欣也
[ 沖縄編 ]
謝花ミチ … 美波
照屋賢勇 … 三浦貴大
儀保 明 … 津田寛治
我楽政規 … リリー・フランキー
少女 … 吉田里琴
安仁屋 猛 … 津嘉山正種
島袋善祐 … 平泉 成
渡久山ツル … 山本道子
渡久山朝友 … 泉谷しげる