読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“ずっと昔『旅芸人の記録』というギリシャの映画を観て以来「おじさん」の出てくる絵本を作れないものかと考えていた” 『佐々木マキ見本帖』 佐々木マキ 絵本館

佐々木マキ見本帖

佐々木マキ見本帖

佐々木マキの絵本が大好きである.特に「ムッシュムニエルごご紹介します」「いとしのロベルタ」.子供たちが小さい頃,毎晩のように読んでいた.それが情緒形成に与えた影響はいかに.
武蔵野市立吉祥寺美術館で「佐々木マキ 見本帖」(URL)なる展覧会が開催中.

佐々木マキ 見本帖
2013年4月6日(土)−6月23日(日)
会期中、前後期展示替えを予定しています。
前期:4月6日(土)−5月15日(水)、後期:5月18日(土)−6月23日(日)
会期中の休館日:4月24日(水)、5月16日(木)、5月17日(金)、5月29日(水)
絵本『ねむいねむいねずみ』(PHP研究所)、『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』(絵本館)等で知られる佐々木マキのシュールでクールな「不思議世界」を、絵本原画、初期のマンガ作品、イラストなどでご紹介します。

心はもちろん大切ですが
わたくしどもの仕事では
見かけはもっと重要です
というのも
見かけに心が出るからです

『いとしのロべル夕』のアイデアが,アンゲロプロスの『旅芸人の記録』にあったとは!!!

『いとしのロべル夕』について
 ずっと昔『旅芸人の記録』というギリシャの映画を観て以
来「おじさん」の出てくる絵本を作れないものかと考えていた。
 おじさんといえども、パッションもあれば迷いもある。
 おじさんがさまよいながら、うわごとのようにつぶやくコ
トバ、頭の中にうずまくコトパは、すべて英語のラヴソン
グに出てくる常套甸,紋切り型の直訳に近いものでなければ
ならない。なぜかそう決めた。
 二十年前そんな絵本を出したところ、みごとに黙殺されて
しまいました。
 やっと時代が追いついて(と思いたい)改めて出版される
ことになりましたが、「おじさん」はちっとも歳をとつてい
ない。あいかわらず、熱い想いを胸にいだいて、迷いさまよ
い続けております。Yes, save the broccoli! (ニ〇一一年)

以下は,インタビューアーのせりふから

インタビュー
「実験マンガ」について
−『佐々木マキのナンセンサス世界』の解説で、村上春樹
さんが書いていたことが昔から気になっているんです。「『表
現すべきことがない時、人は何を表現すべきか』という問い
がずつとあったけど、佐々木マキさんのマンガを読んで、そ
こに鍵が潜んでいる気がした」という。それは非常に重要な
命題で、世代をずっと経ていますが、私も同じように感じて
いました。だから、佐々木マキさんご本人は、実際に意識さ
れていたのかが気になって。

【関連読書日誌】

【読んだきっかけ】
【一緒に手に取る本】

いとしのロベルタ

いとしのロベルタ

ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします

ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします

ふしぎな図書館 (講談社文庫)

ふしぎな図書館 (講談社文庫)

羊男のクリスマス (講談社文庫)

羊男のクリスマス (講談社文庫)

テオ・アンゲロプロス シナリオ全集

テオ・アンゲロプロス シナリオ全集

アンゲロプロス―沈黙のパルチザン

アンゲロプロス―沈黙のパルチザン

アンゲロプロスの瞳 (歴史の叫び、映像の囁き)

アンゲロプロスの瞳 (歴史の叫び、映像の囁き)