読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“今までの古い意識が新しい考え方へと変わつているような、あるいは何か行動を起こす意欲が湧いているような、そんなインスピレーションの種を一粒蒔いておく” 『 TEDトーク 世界最高のプレゼン術』 ジェレミー・ドノバン 中西真雄美訳 新潮社

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

How to Deliver a Ted Talk: Secrets of the World's Most Inspiring Presentations

How to Deliver a Ted Talk: Secrets of the World's Most Inspiring Presentations

TEDを例題とした,プレゼン術の手軽な指南書である.TED流のプレゼン術は,今後の1つの標準となっていくだろうが,一方で,従来の学会発表的なプレゼン手法も,(改善の余地は十二分にあるものの)生き残っていくように思う.本書で書かれている内容は取り立てて新しいものではない.ただ1点従来の指南書と違う点があるとすれば,「わかりやすいプレゼン」「伝わるプレゼン」「面白いプレゼン」「聴衆が聞くプレゼン」ではなく,それによって,「聴衆が何か行動を起こすようなプレゼン」を明示している点であろう.つまり,聴衆への具体的な働きかけがより強くでており,それがTEDの本質かもしれない.世界を変えよう,動かそうという強う意思の表れであり,そういう意味では,政治家が見習うべきプレゼンスタイルでもある.
帯より

世界の著名人らが最上級のプレゼンを披露する、
今注目のイベント「TED」を徹底分析。

●聴衆が最も注意を傾けているのは、最初の10秒から20秒間
●キャッチフレーズは最低3回は繰り返そう
●プレゼンタ一はけっして聴衆より優位に立ってはいけない
●話すときは、誰かに1対1で熱心に語りかけるように
●小学6年生が理解できるレベルの言葉を使う
●一気に話し、適度に間を置く。「間」が聴衆の注意を引きつける
●話している間、まず両手は楽にして身体の脇に下ろしておく
●きちんと検証できる環境で、最低3回はスピーチの練習をしよう
●聴衆は、あなたのプレゼンがうまくいってほしいと思っている

P.24

今までの古い意識が新しい考え方へと変わつているような、あるいは何か行動を起こす意欲が湧いているような、そんなインスピレーションの種を一粒蒔いておく。それがみなさんの目標です。

P.171

資金に余裕があり、とりわけ大事なプレゼンの場合は、デュアルテ・デザインや、『プレゼンテーションz e n』で有名なガー・レイノルズといった世界一流のプレゼンテーションデザイナーに依頼することを検討してみてもいいでしょう。そこまでの余裕がないなら、せめて彼らのすばらしい著作を買つて、貪るように読むことをお勧めします。

日本でも有名な,ガー・レイノルズや高木メソッドも紹介されている.ガー・レイノルズは,日本在住で,NHKの番組にも出ていた.
P.194 終章

 本書を執筆するにあたつて、私は徹底的にTEDのビデオを研究しました。それはもう数えきれないほどのビデオを見ました。
 とはいえ、TV番組の「アイアンシェフ(料理の鉄人)」を何度も見たところで腕のいい料理人になれないのと同じで、一流のプレゼンターのビデオを山ほど見たからといって偉大なプレゼンターになれるわけではありません。
 スピーチに関する本をいくら読んだところで、それだけでは一流の話し手にはなれません。あなたに必要なのは、ダメな点について中身の濃いフィ―ドバックが得られる環境で、とにかく練習することです。
 さあ、あなたのアイデアを多くの人に広めましよう!

【関連読書日誌】
【読んだきっかけ】東京OAZOにて.東京・京都の車内で一気読み
【一緒に手に取る本】

プレゼンテーションZen 第2版

プレゼンテーションZen 第2版

  • 作者: ガー・レイノルズ,Garr Reynolds,熊谷小百合
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
プレゼンテーションzenデザイン

プレゼンテーションzenデザイン