読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“せっかく古本屋に足を運んだのだから、 見て、触って、読んで、嗅いで、 これまで自分が知らずにいた本に一つでも多く出会いたい” 『僕らは、古本屋好き。』 BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/15号 マガジンハウス

BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2013年 6/15号 [雑誌]

全国の心が躍る古本屋125点を紹介!! 今欲しい古本ガイド付き.
わざわざ本屋に行って、本を見たり、触ったり、買ったり,僕らは 本屋好き。(『BRUTUS 2011年 6/1号』 マガジンハウス)の続篇みたいなところでしょうか.この2011年BRUTUSの読書日誌に,「美しすぎる本屋2店.行ってみたいです.でも,ポルトブエノスアイレス.」と書いた.ブエノスアイレスの巨大書店.生涯一度は訪ねてみたいと思っていたのだが,娘が「あ!そこ行った!」とのたまう.卒業旅行なのである.3週間南米一人旅と聞いただけで親としては,びくびくなのであるが...サンパウロだったかな.

のんびり古本屋でもやってみたいものである.店番でもいい.

いまの古本屋に求めているのは、
本を探しているときの居心地のよさだったり、
「いま、読みたい」と思わせてくれる本の差し出し方だったりする
そうしたすべてが、本との出会いを作ってくれる。
せっかく古本屋に足を運んだのだから、
見て、触って、読んで、嗅いで、
これまで自分が知らずにいた本に一つでも多く出会いたい。

【関連読書日誌】

  • (URL)わざわざ本屋に行って、本を見たり、触ったり、買ったり,僕らは 本屋好き。” 『BRUTUS 2011年 6/1号』 マガジンハウス
  • (URL)本は「根っこ」(思想)と「翼」(想像力)を与えてくれる。この二つは、外に内に橋をかける時の大きな助けである” 『日本人の美風  (新潮新書 436) 』 出久根達郎 新潮社
  • (URL)これからの本が「どうなる」ではなく,「どうする」という意思がなければ,本の世界は何も変わらないだろう.”  『本は、これから (岩波新書) 』 池澤夏樹編 岩波書店

【読んだきっかけ】
【一緒に手に取る本】

わたしの小さな古本屋?倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間

わたしの小さな古本屋?倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間

西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事

西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事

京の古本屋 (京都モザイク)

京の古本屋 (京都モザイク)

古本屋 月の輪書林

古本屋 月の輪書林

古本屋五十年 (ちくま文庫)

古本屋五十年 (ちくま文庫)

ニューヨークの古本屋

ニューヨークの古本屋