読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“青春小説---と思いきや、XXXからXX行目(絶対に先に読まないで!)で、本書はまったく違った物語に変貌する” 『 イニシエーション・ラブ』  (文春文庫) のカバーより 乾くるみ 文藝春秋

ライトノベルの類のものを読むことはないのだが,「これだけは」と薦める声をあまりに多く聞く昨今なので読んでみました.とはいえ,初刷り2007年ですから,今頃また話題になるというのも不思議ものです.読み終えたところで2度目を読まずにはいられない,という本を最近読んだばかりなので,(ケイト・モートン『秘密』),この本も同じことが言われており,読み比べてみたいというのもありました.しかし,よくよく考えてみると,本書は決してミステリではなく,あくまでもライトノベル風の恋愛小説であり,そこのちょっとした仕掛けが施されているというところです.その仕掛けは,あくまでもちょっとしたいたずらなのか,深い哲学が裏にあると読むのかは,いろいろでしょう.
 同じ静岡県人であったことや,ほぼ同世代ということもあり,なかなか楽しませてもらいました.静岡県人であるところにヒントがあるともいえますが,それを言われても静岡県人でさえ,なんのことかわからないでしょう.ちょっとした仕掛けにほころびがみられないのは,さすが数学科出身の著者といえるかもしれません.著者は男性のようですが,「便秘」とくるあたりはなかなかすごいと思いました.
 文庫本の表紙の裏側に,あらすじみたいな紹介文が載りますね.ここにネタバレになるようなことは当然のことながら書いていないのですが,絶対先に読んではいけない部分が,どこなのかが,書いてあるのです.これはたいへん困りました.きになって本文が読めないのです.反則ぎりぎりではないでしょうか.うっかり開けてしまったらどうするのでしょう?ですから,この本を買った人は,まず,カバーを捨ててから読み始めることをおすすめします.
 解説や,帯の宣伝文句がなかったら,なにも気がつかずに読み終えてしまう読者もいるのではないでしょうか.単行本時に解説はあったのでしょうか.
【関連読書日誌】

  • (URL)“秘密というのは秘密のままにしておくのが難しい。秘密は心の被膜ぎりぎりのところに身を潜めていて、それを抱える人の決意にひび割れを見つけるや、そこからいきなり這い出してくるのだ” 『秘密』 (上・下) ケイト・モートン 訳:青木純子 東京創元社

【読んだきっかけ】
【一緒に手に取る本】

イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)

イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)

謎解き『イニシエーション・ラブ』

謎解き『イニシエーション・ラブ』

セカンド・ラブ (文春文庫)

セカンド・ラブ (文春文庫)