読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“そこに自分で作った料理の写真が載っているのだが、黒木瞳が子どもに作ったお弁当の写真とは違うのである” 『官能の人・伊吹文明 京都の四季の食卓』 お代は見てのお帰りに 連載223回 小倉千加子 週刊朝日 2012年9月7日号

特定の政治家,政党を特に応援するつもりはないのだが,自民党伊吹文明財務大臣の趣味(特技?)にいて,小倉千加子が書いている.京都の歴史ある繊維問屋の生まれ,京大経済学部卒で,大蔵官僚を務めたあとに代議士へ.祖父に連れられて子供のころから有名割烹に通って育ったそうである.奥様は英文学者で大学の先生とか.
『伊吹亭ー四季の食卓』について

そこに自分で作った料理の写真が載っているのだが、黒木瞳が子どもに作ったお弁当の写真とは違うのである。

家に帰って冷蔵庫をチェックし、今日は何を作ろうかと考えながら包丁を研いでいる時が一番幸福だと伊吹氏は言う。食べ終えて片づける時が地獄だという記述にはリアリティがある.

ちなみにこの小文に,小倉は「官能の人」というタイトルをつけている.
120901追記
ちなみに,ながらく探していた,『向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)』やっと書店で見つけ購入.ネット買えばすむのだが.なんとなく,料理本コーナで見つけたかったのである,
【関連読書日誌】

  • (URL)「親切で使いやすい」「簡単でおいしい」「料理家が信頼できる」台所に立つ人にとって、料理書は頼もしい味方です” 特集 考える料理 考える人 2011年 11月号 新潮社

【読んだきっかけ】
【一緒に手に取る本】

いぶき亭 四季の食卓 大臣のこだわり手料理

いぶき亭 四季の食卓 大臣のこだわり手料理

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)

自民党の智恵

自民党の智恵

こうすればできる 増税なき財政再建

こうすればできる 増税なき財政再建

代議士関連のものでは,野中広務のものが印象深い.こちらは,苦労人である.
聞き書 野中広務回顧録

聞き書 野中広務回顧録

野中広務 差別と権力 (講談社文庫)

野中広務 差別と権力 (講談社文庫)

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)