読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“若いとき、人は生涯に続く習慣を作り上げ、それはどんな厄災にも持ちこたえるものだと信じる” 『情事の終り』  (新潮文庫) グレアムグリーン 訳:上岡伸雄 新潮社

情事の終り (新潮文庫)

情事の終り (新潮文庫)

End Of The Affair

End Of The Affair

The End of the Affair

The End of the Affair

ニール・ジョーダン監督の映画『ことの終わり』(The end of the affairs)に魅せられて以来、読み直したかった作品。新訳が出たというので購入。ニール・ジョーダンには、北アイルランドの闘士を扱った、『マイケル・コリンズ』という名画もある。
グレアム・グリーンの作品らしく、ミステリのような読み味である上に、謎解きに「神」が絡んでくるというお話し。
第一部 I 冒頭

物語に始まりも終わりもない。どの時点から振り返るか、あるいはその時点から先を語るか、人が経験の中から気まぐれに選んでいるだけだ。

第一部 I 最後

決まり文句である。こうした民衆の知恵が含まれた表現は、ときに運命のように、会話のなかに滑り込む。

第一部 VI 冒頭

若いとき、人は生涯に続く習慣を作り上げ、それはどんな厄災にも持ちこたえるものだと信じる。

ことの終わり [DVD]

ことの終わり [DVD]

情事の終り [VHS]

情事の終り [VHS]

【関連読書日誌】

  • (URL)“時代の断片を感性で見つけ出してそれを拡大したり深く入り込んだりしながらメッセージを発信していかなくてはなるまい” 『滅びのチター師―「第三の男」とアントン・カラス  (文春文庫) 』 軍司貞則 文藝春秋

【読んだきっかけ】新訳が出たらしいので
【一緒に手に取る本】
グリーンの短篇を読みたくなった。しかし、名だたる訳者がそろっていること!

ヒューマン・ファクター―グレアム・グリーン・セレクション (ハヤカワepi文庫)

ヒューマン・ファクター―グレアム・グリーン・セレクション (ハヤカワepi文庫)

見えない日本の紳士たち (ハヤカワepi文庫)

見えない日本の紳士たち (ハヤカワepi文庫)

国境の向こう側 (ハヤカワepi文庫)

国境の向こう側 (ハヤカワepi文庫)

負けた者がみな貰う―グレアム・グリーン・セレクション (ハヤカワepi文庫)

負けた者がみな貰う―グレアム・グリーン・セレクション (ハヤカワepi文庫)

事件の核心 (ハヤカワepi文庫―グレアム・グリーン・セレクション)

事件の核心 (ハヤカワepi文庫―グレアム・グリーン・セレクション)